でんめいふぁーむのご紹介。

松阪市飯南町にある、でんめいふぁーむは、身近にある自然の力を借りて、野菜づくりをしています。
松阪市飯南町にある、でんめいふぁーむは、身近にある自然の力を借りて、野菜づくりをしています。

在来種・固定種などの昔から受け継がれてきた野菜たちを中心とした野菜づくり。

私は、『タネが大好き』です。野菜たちは、土に、タネを播き、樹が成長して花が咲き、実をつけ、その後タネをつけます。そのタネを手にした時の嬉しさといったら・・・。

でんめいふぁーむでは、在来種・固定種などの昔から受け継がれてきた野菜たちを中心とした野菜づくりを行っていきます。そんな、昔から受け継がれてきた野菜のタネを採り、でんめいふぁーむの畑の土、気候などの環境に適応した、地元に根付いた野菜たちを次世代に残したいと考えています。ただ交配種がいけない、使わない、と考えているわけではありません。もちろん、行き過ぎた技術を利用したタネを使用する気はありませんし、嫌だなと思っています。しかし、そういった交配種の中にも、育種家の方のおいしい野菜を作りたいという情熱の中で、生み出されてきた品種もたくさんあります。この野菜おいしいな、この野菜もおいしいな、じゃあおいしい野菜が一緒になったらどのくらいおいしくなるのだろう!なんて事から始まった野菜もたくさんあると思います。行き過ぎた技術を利用していない交配種からも時間はかかりますが、毎年選抜を行うことで自分好みの種は採れます。そうして固定されたタネもあるのです(その過程の中で、びっくりするくらい不味い野菜も出てきます・・・私は、こんなに不味いトマトがあるのかと思うほどのものを食べました、それもまた面白い経験でした。)。交配種の野菜も、自分で考え、選び、試してみて、良いと思えるもの、作りたいと思えるものは、少しずつですが、利用して行こうと考えています。タネ採りが好きな私は、タネの勉強をする中で、飯南の地で、新しい自分の野菜を作るのも良いな、と考えています。将来の小さな野望です。

身近にある自然の力を借りて野菜づくりをしています。

でんめいふぁーむでは、その場に居ると、気持ちの良いと感じられる畑づくりを目指していきます。農場では、緑肥草生栽培を行い、通路も裸地にせず、イネ科やマメ科などの緑肥のタネを播き、畑に住まう生き物たちの住処を作るなど、自然を味方につけた畑づくりをしていきます。草刈りは適宜行うので、見た目は、緑のジュータンの中に、手の掛けられた、野菜畑がある感じです。

そして、育土を行い、健康な土づくりを目指して行きます。作物に過不足のない養分を供給できる知識を身につけ、健全な土壌を育てます。研修で学んだことの1つとして、健康な作物は健全な土から生まれるということです。貸し農園で借りていた区画の隣のおじさんが、虫が嫌いという方で、野菜の上に、虫の姿を見つけると、農薬を散布するということを繰り返していました。肥料は化成肥料です。その時にびっくりしたのが、土が、公園などの砂場の砂のような土になっていたのです。土を肥やすものは何もなく、生き物も生きられず、害虫だけが居るという畑でした。だからまた、害虫を殺そうと農薬を散布するという悪循環です。そのときには、何だか怖いな・・・と感じただけでしたが、今はそれが、健全ではない土だったのだとわかります。目標とする成熟した土に、たどり着くまでにはたくさんの時間がかかりますが、こつこつと、おいしい野菜を作るための土づくりをしていきます。

地域資源や畑の中の有機物を活用して、循環型の栽培を目指していきます。堆肥は、落ち葉堆肥や草質堆肥など、身近にあるものを活用して作ります。ほかに、遺伝子組み換えでない菜種油粕やくん炭などもつかい、ボカシ肥料もつくります。動物性の肥料についての考えとして、私は、お肉も魚も卵も牛乳もおいしくいただいています。だから、牛や豚、鶏たちの出した家畜糞なども、知らない関係ないというのではなく、上手に利用していこうと考えています

お近くに、おいでの際は、ぜひ畑へ遊びにおいでください。

おにぎり持参で、畑でランチなんていかがですか?

アクセスカウンター